【コラム】衝撃!0円で住める家が増えている!

  • 2019年6月11日
  • 2019年6月18日
  • コラム
  • 109view

こんにちは。恵比寿不動産です。

先日ニューズウィーク日本版に衝撃的な記事が掲載されていました。

家はタダで借りる時代——–「0円借家」は実際にある
(ニューズウィーク日本版より)

なんと、2013年の調査では、全国で0円借家は約36万戸(佐世保市の人口約25万人より多いです。)あります。
割合で言うと、借家世帯全体に占めるは、2.0%。恵比寿不動産が本店を置いている長崎県は、2.66%となっています。

もうすぐ総務省から発表される2018年の「住宅土地統計」では、この数はますます増えているだろうと予想されています。

0円で住める家が増えている具体的な理由としては、

①人口減少で空き家が増えているため
②売るに売れない家だから
③家は人が住まないと荒れてしまうから
④家を壊すと固定資産税が高くなるので誰かに住んで管理してほしいから

などです。

どれもなかなか解決できない問題です。

そしてこの記事のさいごには、

これから先、空き家がどんどん増えてくる。これを有効活用し、国民の「住」の権利を保障するのは政府の役割だ。
しかし、日本人はこういう意識を持っている人が他国と比べて格段に低い。(フランス86.5%、イギリス82.7%、アメリカ76.4%、日本37.6%)
そのため、日本人の住の権利意識を高めないと、空き家の活用は進みそうにない。

と述べてられています。

確かにそうだと思います。政府の役割は大事です。これによって方向性が大きく変わってきます。

また、私たち個人個人はもっと家について考えないといけないと思います。

家を買うときそんな簡単に買っていいんですか?勉強しましたか?今後どうなるか考えましたか?最終的にどうするか決めていますか?その時の感情に流されてはいけません。

正しい答えはありません。しかし、少し考えて意識するだけでも行動が変わってきます。また、これによって私たちが住むマチの様子も変わってくるでしょう。

是非、考えてみましょう。
恵比寿不動産もこのことに取り組んでいきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!